クレジットカード現金化業者の摘発について

menu

クレジットカード現金化業者の摘発について

HOME » 現金化について » クレジットカード現金化業者の摘発について

クレジットカード現金化と聞けば、普通に利用することができるような制度のように感じますが、実際としてはグレーゾーンである事には違いありません。
中には摘発されたクレジットカード現金化の業者もいるのです。
クレジットカード現金化については、場合によっては法律違反になるケースがあります。
貸金業法・出資法違反によって逮捕された例もあります。
クレジットカードの現金化を考えているのであればこうしたことも踏まえたうえで利用するようにしましょう。

ではクレジットカードの現金化を行っている業者が摘発された事件についてご紹介したいと思います。
まず2011年に逮捕された事件があります。
2011年8月にクレジットカードのショッピング枠を悪用して闇金融の営業を行ったという内容で、東京都大東区上野の貴金属販売会社の代表者が逮捕されました。
出資法違反の疑いです。
これはクレジットカードの現金化に関連した業者の摘発において、全国で初めてのことでした。
この事件を皮切りに違法性が叫ばれるようになっていきます。

そして2012年7月にユニティワン、城南ギフト、ホーミー、まごころギフトを実質経営していた代表者が所得税法違反の容疑によって逮捕されました。
これは所得隠し、つまり脱税が問題視された事件であり、クレジットカードの現金化事態は焦点になっていません。
そして2013年5月にはアダルトサイトの運営者が利用料金をクレジットカードの現金化によって手にした現金で支払わせるという貸付行為を行っていたことによって出資法違反の疑いで運営者ら複数人が逮捕されることとなりました。

そして同年9月には正規公安登録貸金業者である朋友エンタープライズが逮捕されました。
正規の業者が逮捕されたのはこの事件が初めてとなります。
そして2014年10月には古物商Pmoが出資法違反で逮捕、2016年3月に店舗型のクレジットカードの現金化業者であるギフトショップ天商が検挙されました。