クレジットカードの現金化はグレーゾーンである

menu

クレジットカードの現金化はグレーゾーンである

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化はグレーゾーンである

クレジットカードの現金化は、クレジットカードについているショッピング枠を現金に換えるという方法になります。
とても便利で現金を手にしたいと考えた時にすぐに現金を手にすることができるものではあるのですが、気になるポイントとしては違法性があるのかどうかがありますよね。
実際のところはどうなのでしょうか。

実際は違法性はありませんが、グレーゾーンの範囲内に当てはまるといえるでしょう。
クレジットカードでショッピングをした場合、先にお金を支払う必要はないですよね。
クレジットカードでショッピングをして先に商品を手にすることができますが、一時的にクレジットカード会社がその商品の代金を立て替えてくれているもので、顧客との信用取引となります。
ですのでクレジットカードを利用されている側がクレジットカードを使って商品を購入したとしても、実際にその利用料金を支払うまでは商品はクレジットカード会社の所有物ということになるんですね。

そしてクレジットカードの現金化の内容としてはクレジットカードを使って商品を購入したものを、すぐに商品を業者に売却することによって現金を手にすることができるという流れになります。
ですのでまだ支払っていない、クレジットカード会社の所有物である商品をすぐに売却してしまうということは、クレジットカード会社の規約違反となってしまいます。
元々現金化目当てで売却したということが分かればクレジットカードを利用停止にされてしまう可能性もあるわけなんです。

クレジットカードの現金化はばれにくいものですが、ばれてしまった場合にはクレジットカードの利用停止等の処分を受ける可能性があるというリスクを踏まえたうえで利用するようにしましょう。
あくまでもグレーゾーンになりますので、うまく利用すれば大変便利に利用することができるものであるといえます。
また中には残念ながら悪徳業者も多くいますので、悪徳業者に引っかからないように注意する必要があります。