クレジットカードの現金化の法律は?

menu

クレジットカードの現金化の法律は?

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化の法律は?

クレジットカードの現金化、という言葉をよく耳にすることがありませんか?
どうしても急遽お金が必要となったという場合に便利に使うことができる、クレジットカードの現金化ですが、法律ではどのように定められているのでしょうか。

実はこのクレジットカードの現金化は、違法性についてはグレーゾーンであるといえます。
というのも、クレジットカードの現金化法律に基づいた場合違法ではありません。
ですがクレジットカード会社側としては規則で禁止しているため、規則違反となります。
また法律でも違法なのか微妙なところもあるので、グレーゾーンであるといわれているんですね。
現段階においては法律では規制されておらず、法整備が整っていません。
ですがこれからどんどんと規制が厳しくなっていくことかと思われます。

そしてまたクレジットカードの現金化業者が摘発されたというケースもあるのです。
法律として、貸金業法・出資法違反ということで逮捕されました。
クレジットカードの現金化業者について、クレジットカードの現金化といっても内容としては実際には商品の売買を行っているという体裁をとっていることから違法にはならない、とされていたのですが、こういった体裁をとっておらず実質的に出資をしているのではないか、ということで貸金業法における出資法違反に当たるとして業者が逮捕されることになったのです。
クレジットカードのショッピング枠を現金化するという内容において、クレジットカードで業者から商品を購入し、その商品を売却することで現金を手にするという方法になるのですが、この商品の売買であるという内容で、法律違反には当たらないとされています。
ですが実際にクレジットカードの現金化を目的としていることから商品を取引したという実態がなければ実質的な出資行為であり、違法であるとなってしまうのです。

また業者側は逮捕されましたが、利用者側はまだ逮捕されたケースはありません。
法律では定められていないからです。
しかし、クレジットカード会社側としては規約にこうした行為を禁止しており、万が一そういった行為を行ったことがクレジットカード会社側に知られた場合にはクレジットカードの利用停止などといった手段を取られる可能性があるのでご注意ください。
厳密にいうとクレジットカードで買い物をした商品は支払いをするまではクレジットカード会社側の所有物になります。
それを許可なく売却することは違法と言えなくもないのです。