クレジットカードの現金化と詐欺罪について

menu

クレジットカードの現金化と詐欺罪について

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化と詐欺罪について

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法であるクレジットカードの現金化について、便利に利用することができます。
どうしても手元にお金がないけれど急な出費ができてしまった、急に現金が必要になってしまったというような場合にはクレジットカードの現金化を利用することですぐに現金を用意することができます。
クレジットカードの現金化は専門の業者がありますので、その業者を利用することで現金化を行うことができます。

ですが最近ではこの便利なクレジットカードの現金化を違法であるといわれるケースも出てきてしまっているので、気を付けて利用するようにしましょう。
どういったことが違法であるのかということについてなのですが、詐欺罪にあたるケースがあるようです。
この詐欺罪と呼ばれる罪についてみていきましょう。

詐欺罪とは人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のことを言います。
日本の法律において刑法第246条に規定されています。
未遂であった場合にも逮捕されることとなります。
そんなクレジットカードの現金化が詐欺罪に当たるケースがどうしてあるのでしょうか。

これはクレジットカードの発行元会社において詐欺に当てはまるという可能性があるからなんです。
クレジットカードの発行元会社が決めている利用規約について、ショッピング枠を現金化して換金するという行為が違反である、禁止しているというケースがほとんどになります。
ですのでこの規約で決められているにも関わらず換金することを目的として利用することでクレジットカードの発行元会社からお金をだまし取っている、詐欺罪という犯罪に当てはまるといわれているのです。

ではクレジットカードの現金化は利用することはできないのでしょうか。
そんなことはありません。
クレジットカードの現金化業者の中でも信頼できる優良業者を選んで利用することによって安心して利用できます。