クレジットカードの現金化と横領罪との関連性

menu

クレジットカードの現金化と横領罪との関連性

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化と横領罪との関連性

とても便利に使うことができるクレジットカードの現金化は、便利にすぐにお金を用意することができるというメリットがある一方で残念なことに違法性があるのではないかと指摘されているケースもあるのです。
その違法性について、横領罪に当てはまるのではないかといわれています。
では横領罪とはいったいどのような犯罪になるのでしょうか。

横領罪とは犯罪の内容としては、自己の占有する他人の物を横領するという内容となっています。
広義としては、刑法第二編「罪」から第三十八章「横領の罪」に規定されている犯罪のすべてを指します。
狭義としては刑法252条1項に規定される罪である単純横領罪のことをいいます。
また自己のものであったとしても公務所から保管を命ぜられた場合にそれを横領してしまった場合には横領罪が成立することとなります。

ではなぜこの横領罪がクレジットカードの現金化に当てはまるのではといわれているのでしょうか。
横領罪とクレジットカードの現金化との関連性について、クレジットカードについているショッピング枠でショッピングを行った場合、その商品代金の支払いを完了させるまではクレジットカードの発行元である会社の所有物となっているんです。
ですからクレジットカードの現金化においてクレジットカードで購入した商品を売却するという行為については、まだクレジットカード発行元会社の所有物であるのに売却をしてしまうということは転売行為にあたり横領罪に当てはまる可能性があるのです。

クレジットカードの現金化においてキャッシュバック方式ではなく買取型方式で利用した場合には横領罪に当てはまるという可能性も考えられるのです。
ですが、クレジットカードの現金化業者の中でも優良業者を選んで利用することによって、そういった横領罪と呼ばれる犯罪に当てはまることなく便利に利用することができるものですので、優良業者を選ぶように気を付ける必要があります。