クレジットカードの現金化と出資法との関連性について

menu

クレジットカードの現金化と出資法との関連性について

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化と出資法との関連性について

クレジットカードを作るとショッピング枠と呼ばれる枠がついてくることかと思います。
そのショッピング枠を利用して、クレジットカードを使ってショッピングをしたりすることができるんですよね。
そんなクレジットカードのショッピング枠をショッピングに利用するというだけでなく現金に換えるという方法があります。

ショッピング枠を現金に換えることによってさまざまな使い方をすることができるようになりますし、また急な出費ができてどうしても現金として手元にお金が必要となった際にも便利に利用することができます。
ですが最近ではクレジットカードの現金化はグレーゾーンであり、出資法とよばれる法律に関係しているのではないかといわれるようになりました。
この出資法と呼ばれる法律についてご紹介したいと思います。

出資法とは出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取り締まりに関する法律のことです。
この通称として出資法と呼ばれています。
この出資法の目的には貸金業者を規制するというものがあります。
出資法が制定される以前はグレーゾーン金利と呼ばれる、出資法の旧上限金利と利息制限法の上限金利で貸し付けを行っていて問題視されていました。
そこでこのグレーゾーン金利を撤廃して利用者を守るためとして、出資法が改正されて制定されることとなったのです。

このような貸金業者を規制して利用者を守るための法律である出資法はどういった内容でクレジットカードの現金化業者との関係があるのでしょうか。
クレジットカードの現金化の方法は二通りあり、クレジットカードで商品を購入してそれを業者に売却して現金化する方法とクレジットカードで商品を購入する際にキャッシュバックが受けられてそれにより現金を手にするという方法があります。
このキャッシュバック方式の場合、条件によっては出資法違反となってしまう可能性があります。
出資法違反となる場合はクレジットカードの現金化業者が貸し付け業者であると判断された場合になるんですね。